ちょっと贅沢なスッキリバスタイム「リラク泉 ゲルマバス」を試してみた

 

以前から気にはなっていたのですが、近所の激安スーパーや激安ドラッグストアでも1袋あたり300円近い価格設定で、なかなか手を出せなかった入浴剤があります。

それは石澤研究所から販売されている「リラク泉 ゲルマバス」シリーズです。

 

私はどちらかというと香りのバリエーションなどに魅力を感じるタイプなので、あまり「発汗量で勝負する感じの入浴剤」には魅力を感じないのですが、あまりにも汗がすごいようなので試してみました。

本製品が気になっているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

リラク泉 ゲルマバス シリーズとは?

概要

本製品のシリーズはゲルマニウムを使用している入浴剤で、とにかく発汗作用を促すという部分を強調しています。

ゲルマニウムとは半導体の一種なのですが、最近はゲルマニウム関連のアクセサリーを身に付けているアスリートがいると紹介されたり、健康に効果があるということで取り沙汰されているようですが、根拠については不明らしいです。

シリーズには「ノーマル、和漢、黒湯、白湯、微炭」などのバリエーションが用意されていますが、基本は「ゲルマニウム+イオウ」による温浴効果を持つ入浴剤となってます。

 

使用上の注意点

本シリーズを使用するうえで注意してもらいたい部分が3点ほどあります。

 

1つ目は「洗濯などでのお湯の再利用はしない方がいい」という点です。

ゲルマバスシリーズにはイオウが含まれているので、洗濯機そのものへのダメージに繋がったり、衣服などに対してダメージを与えてしまう可能性があるので、ゲルマバスを使ったお風呂の残り湯の再利用は控えましょう。

 

2つ目は「給湯器の追い炊きはしない方がいい」という点です。

給湯器は内部のほとんどが樹脂か銅で構成されており、銅はイオウと化学反応を起こして腐食してしまうことで知られています。

仮に追い炊きしないと決めていても、自動保温されてしまう機種があったり、寒い時期は勝手にお風呂が循環してしまう可能性もあるので、追い炊き機能付きの給湯器を使用しているという場合の使用にはくれぐれも注意してください。

<<プロが教える「入浴剤が給湯器に与える影響」について

 

 

3つ目は「ホーローのお風呂では使用してはいけない」という点です。

ホーローで作られた浴槽は、最近の新築住宅やリフォーム住宅に割とよく見られるタイプの浴槽で、いわゆる高級感を感じる浴槽となっています。

 

ホーロー製の浴槽はガラスコーティングされている場合がほとんどで、浴槽そのものに雑菌が残りにくいというメリットもあるのですが、このガラスコーティングに傷がついている状態だと、そのすき間に雑菌などが入り込んでしまうというデメリットがあるんですよね。

ここにゲルマバスに含まれるイオウ成分が入り込むことによって、非常に見栄えの悪いシミになってしまう可能性があるので、ホーローのお風呂には使用しない方が無難です。

 

種類別の感想・レビュー

リラク泉 ゲルマバス ノーマルタイプ

 

 

顆粒の状態ではほぼ無臭で、少しだけマジックインキのようなちょっと不快なニオイがしましたが、いわゆるイオウの卵臭さはなかったので安心しきっていました。

…が、お風呂に溶かすともう完全にイオウですね。卵の腐ったようなニオイというか、温泉なんかでよく嗅ぐ感じのニオイです。

私は温泉にはあまり行かないので、中学校の時の理科の授業を思い出しました。

 

肝心の温浴効果に関してはメチャクチャ高いです。

「身体の芯から汗じわ~っとしたたり、スッキリ爽快!」というキャッチコピーに偽りなく、ダラダラ汗が出てきましたし、イオウ成分が肌に効いているのかしっとり肌になったような気がします。

ぬめりのようなものが気になったので、お風呂から上がった後でシャワーで軽く洗い流しましたが、それでもしっとり効果は無くなってないように感じました。

 

 

リラク泉 ゲルマバス 白湯

 

 

こちらは温泉水配合で、しっとり美肌の湯により肌がつるっつるになるという謳い文句の入浴剤です。

粉の時はイオウ臭さがなく、どちらかと言うと「新築の建物のニオイ」という感じで、その中にほんの少しだけ不快感を入れたという印象の臭いだったのですが、やはりお湯に溶けると完全なイオウでした。

 

トロトロしているというかヌメヌメしているような感触のお湯になり、ニオイが相変わらずのイオウ臭なので、まさに温泉さながらと言ったところ。

温浴効果も文句無しに高く、お風呂の中でスマホをいじったり読書をしたりするのには最適だと思います。こちらは美肌効果があるということなので、特に女性の半身浴などにおすすめしたいですね。

 

私の実感ではノーマルタイプと比較して特に肌がすべすべになったというような実感はなく、浴槽の滑り具合をみてもノーマルタイプの方が滑ったような気がするので、美肌効果に関しての実感はさほど無かったです。

 

created by Rinker
リラク泉
¥4,400(2020/05/29 16:59:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

リラク泉 ゲルマバス 黒湯

 

 

一方でこちらは死海の泥が配合されているという、一回りも二回りも特質的な入浴剤です。

写真の状態では混ぜていないので、まだ若干澄んでいる黒のように見えて、浴槽の底に沈んでいる入浴剤の成分が確認できるかと思いますが、これを完全に混ぜると濁るわけでは無いものの真っ黒になります。

 

私も一時期は泥を使った洗顔フォームなども使用していましたが、本製品に関しては毛穴の汚れがごそっと取れるという印象はありませんでした。

温浴効果はもちろん高く、汗がドバドバかけるという部分は同シリーズの他商品と一緒ながらも、特に黒湯だから汚れが落ちやすいとかそういうことは無いように思います。

しかし、黒湯に関しては他のシリーズと比較しても明らかにイオウ臭さが弱いので、長時間入浴しても苦にならないという人が多いはず。「イオウのニオイは嫌だけど、ゲルマバスを堪能してみたい」という人にはおすすめです。

 

最後に

商品パッケージに書いてある「毎日有酸素運動ができないあなたに」というキャッチコピーが書かれているのですが、それが頷けるくらい大量の汗がかける入浴剤シリーズでした。

運動不足の時は実際に動いた方が絶対に良いものの、毎日動くのが難しいという人も当然いるわけで…。ずっと汗をかかないでいると神経的にも良くないということを聞いたことがあるので、そこのケアはゲルマバスシリーズでも十分に可能だと思います。

コップ一杯の水を飲んでから20分もお風呂に浸かれば、面白いくらいの汗がかけるので、デトックスなどに興味がある方はぜひお試しください。

 

 

created by Rinker
リラク泉
¥4,400(2020/05/29 16:59:19時点 Amazon調べ-詳細)