温泡さっぱり炭酸湯「こだわりリリー」の湯上がりすっきり爽快感

 

一般的に「さっぱりするのに最適な爽やかな香り」と言われると、大体はメントールや薄荷などのスースー系に行き着くことが多いように思いますが、花の香りで爽やかさを表現した入浴剤というのは、極めて少ないように感じます。

今回ご紹介するのは、アース製薬から販売されている温泡シリーズの中の、夏に使いたいさっぱり炭酸湯「こだわりリリー(テッポウユリ)」です。

小笠原諸島のリリーから抽出された香り成分は、私たちの入浴タイムに爽やかな風を吹かせてくれるのでしょうか。早速レポートしていきたいと思います。

 

温泡さっぱり炭酸湯 こだわりリリーとは?

温泡 ONPO 疲労、肩こり、冷え症に 香り弾ける炭酸入浴剤 | アース製薬
炭酸ガスと温泉成分が温浴効果を高め、血行を促進。肩こり、腰痛、疲労、冷え症に効果がある炭酸入浴剤「温泡」公式サイト。イオンのベールで湯上がり後もポカポカ。泡とともに弾ける、フレッシュでみずみずしい香りをお楽しみください。
  • 上品なカサブランカの香り
  • 艶めくイエローウィンの香り
  • すがすがしいリーガルリリーの香り
  • 優美なピンクパレスの香り

 

温泡と言えば、アース製薬から販売されている入浴剤シリーズですが、その中でも「花の香り+爽やかさ」に特化したのが、こちらのこだわりリリーです。

小笠原諸島産のリリーの香りを分析し、再現したという4つの香りにそれぞれハッカオイルや緑茶オイル、メントールを配合し、夏にも使用できる爽やかさを再現したとのこと。

ミョウバンも配合されているので、汗をかきやすい夏の体臭予防としても期待できる入浴剤です。

 

同商品のシリーズにおいては、同じさっぱり湯シリーズの中にも「薄荷、レモン」というラインナップが存在しており、爽やかさやさっぱり感としては、リリーはややインパクトに欠ける印象を受けます。

やっぱ夏にさっぱりしたいという目的で選ぶなら、どうしても薄荷やレモンに手が伸びてしまいそうですが…。

ちなみに本製品はハッカオイルやメントールが配合されているとは言え、夏の湯上りに涼しく感じられるほどのスースー感はありませんので、その点はご注意ください。

 

香り別の感想、レビュー

上品なカサブランカの香り

 

私のようにそこまで花に詳しくない人間が、ユリの香りと聞かされて真っ先に想像する香りがこちら。イメージとしては清楚系で、ほのかに香る花の香りです。

パッケージには「気分を優雅にしてくれるような華やかな香り」と記載されていますが、どちらかと言うと「清潔感のある慎ましい香り」という印象を受けました。

少なくとも湯色の緑色とはかけ離れている香りのように感じるので、色と香りのギャップは面白いのではないかと思います。爽やかさはあまり感じなかったです。

 

艶めくイエローウィンの香り

※湯色の画像を削除してしまいました。機会があれば追記して掲載します。

 

非常に甘くてフルーティーな香りのする入浴剤です。個人的にはパッケージ開封時に「甘ったるすぎて酔うくらい」に感じましたが、お湯に溶かした後は、ちょうど良いレベルになりました。

湯色はもちろん黄色で、香り的にも視覚的にも爽やかさとはやや遠い位置にあるような気がします。

入浴剤としてアリかナシかはさて置き、夏に使用する湯上がりすっきり爽快感を味わうための入浴剤としては、あまりおすすめできないです。

 

すがすがしいリーガルリリーの香り

 

色味は1番上で紹介した上品なカサブランカの香りに近いものを感じますが、香りは全く違います。

言葉で形容するのが難しい香りですが、香りとしては1番爽やかさを感じられますし、商品名にもあるようなすがすがしさも表現されているように感じました。

香りのジャンルとしては、やはり清楚系で、ほのかに香るような感じ。ユリの香りとしては王道を行っているようなイメージなので、ほのかな花の香りに包まれたバスタイムを楽しみたいという方にはおすすめです。

 

優美なピンクパレスの香り

 

第一印象は「上品でフローラルな香り」という印象。

ピンクの湯色をしていますが、バラ等とは程遠い種類の香りで、このフローラルさは上品さを感じさせてくれます。

ただ、やはり錠剤の時は香りが強いものの、お湯に溶かした後は一気に薄れてしまうような印象です。

香りが残り過ぎていると爽やかさは感じにくいでしょうが、フローラルさを楽しみたければ一番湯待ったなし。

 

夏の使用で爽やかさを感じたいならレモンがおすすめ

 

温泡のさっぱり炭酸湯シリーズには、他にもレモンverと薄荷verが登場しています。夏の熱い夜に使用する入浴剤として選ぶのであれば、今回ご紹介したリリーよりも断然レモンがおすすめです。

(それでもメントールをガチガチに配合した入浴剤ではないので、涼しさを感じられるというものではありませんが…)

 

こだわりリリーはどちらかというと涼しくなってきた秋口や、暖かくなり始めの夏前あたりに使用するのがベストの入浴剤というイメージでした。

メントール配合とは言っても気持ちばかりで、しかも香り的にもそこまで爽やかさや涼しさを主張してくる感じの香りではないので、夏にさっぱり体験をしたいのであれば、他の入浴剤をおすすめします。

温泡のラインナップから選ぶのであれば、文句なしでレモンの方がおすすめです。

 

 

湯上がりさっぱり!香り弾ける炭酸入浴剤「温泡のこだわりレモン」のさっぱり感が最高

温泡
スポンサーリンク
シェアする
入浴剤.com