花王の面白入浴剤!「バブ 悪魔の箱」を試してみた感想・レビュー

バブ天使と悪魔

 

2020年02/01から数量限定で、特別なバブが登場しました。なんと天使と悪魔です。

これまでにも様々なタイプの入浴剤を同時発売してきて、企画の面でも私たちを楽しませてくれる花王のバブですが、さらに今回は「シークレットの香り」が用意されています。

いわば「何の香りか予想して当ててみてね!」という、とても楽しそうな企画です。

 

そこで今回は、数量限定ということもあって、どっちか片方になるのではないかと思い、個人的に興味を惹かれた「悪魔の箱」を購入してきました。

秘密の香りを含め、香りの感想やレビューについて書きましたので、気になっているという人はぜひ参考にしてみてください。

シークレットの香りに関しては、答え合わせをする前に私が感じた感想については記載していますが、肝心の答えは伏せているので、これから買おうと考えている人でも楽しめるかと思います。

 

天使の箱のレビュー記事はこちら。

花王の面白入浴剤!「バブ 天使の箱」を試してみた感想・レビュー

 

バブ 悪魔の箱とは?

バブ悪魔の箱

 

「悪魔からの甘い誘惑」をコンセプトに登場した、バブのアソートです。

2020年2月1日から発売が開始され、数量限定であることが明言されているので、春先にもなれば市場から姿を消してしまうことが予想されます。

 

バブ悪魔の箱 裏パッケージ

 

  • 欲望のゴージャスナイトの香り
  • 夢見るディープムーンの香り
  • 魅惑のスウィーツタイムの香り
  • 悪魔のシークレットドラマの香り

香りは上記の4つの香りが3個ずつ、合計12個入っています。どれも抽象的な表現なので雰囲気がつかみにくいですが、注目すべきはシークレットです。

冒頭でも軽く触れたように「何の香りなのかが秘密になっている」ので、実際に使ってみて「あれじゃないか?これじゃないか?」と予想してみるのが楽しいと思います。

 

 

個包装のパッケージも非常に可愛くて、遊び心に溢れています。

結果から言うと、個人的には「期間限定じゃなくて定番商品化しても面白いのでは?」と思うくらい、結構好きな香りが多かったですけどね。

期間限定みたいなので、気になる人はお早めに。

 

バブ 悪魔の箱 香り別の感想・レビュー

夢見るディープムーンの香り

 

「ゆったりと心地良さに包まれる優しい香り」ということで、正体はサイプレス&カモミールだそうです。確かに言われればカモミールっぽさはあるけど…という感じ。

サイプレスというのは、精油だと「免疫力の向上やデトックス効果」にも期待されている人気の植物なんだとか。

 

香りとしてはカモミールらしい清楚で控えめな甘さと、魅惑的な雰囲気を持つ香りがマッチしているという印象です。ほのかに木材っぽさを感じるかと思ったら、サイプレスがヒノキ科の植物らしいので、その関係性かもしれません。

個人的には青色のお湯が眠りを暗示しているのか、ぐっすり眠れるような気がして好きなのですが、これも間違いなく当たりの部類だと思います。

 

欲望のゴージャスナイトの香り

欲望のゴージャスナイトの香り

 

ぶっちゃけ事前情報なしで試してみたら、何の香りなのか全然分からず、箱パッケージから「ゴージャス気分が後押しされるようなワクワクする香り(イランイラン&アプリコット)」と知り、どこにイランイランの要素があるのか全くもって不明でした。

アプリコットは、甘酸っぱい香りとして香水などにも多く用いられているそうですが、この入浴剤に関しては甘酸っぱさは無かったような気がします。

 

個人的にイランイランと言われれば、民族系の雑貨屋さんの香りをイメージするのですが、そんな感じでもなく。かと言って以前に体験したことのあるクナイプのアプリコットミルクとは似ても似つかない甘さでした。

クナイプのバスミルクをレビュー|自宅で手軽に泡風呂と贅沢気分

しかし言葉に形容しにくいというだけで、魅惑的な良い香りであることは間違いありません。悪魔の箱としては1番イメージにピッタリな香りだと思います。

 

魅惑のスウィーツタイムの香り

魅惑のスウィーツタイムの香り

 

色は桜やバラを連想させるような淡いピンク色ですが、花っぽくない香りです。表題通りのスイーツ的な甘さが広がります。

バニラ&ティーということで、バニラの甘さは直感的に理解できても、ティー的な要素はまったく見当たらないです。作り物のケーキやドーナツを連想させるような香りかなぁ。

 

とは言いながらも、決して甘ったるいというわけでもなく、「お湯が飲みたくなる!」と感じてしまうほどの甘さではありません(ちっちゃい子でも恐らく大丈夫)。

悪魔の箱のスウィーツタイムなんですから、個人的には「これ、ふざけんなよ!」と言いたくなるくらいの甘ったるい香りにしても面白かったのではないかと思いました。

 

悪魔のシークレットドラマの香り

 

第一印象としては「ものすごくフルーティーな香り」という印象でした。色の影響もあって、桃かさくらんぼか…ちょっと微妙な感じ。

ぶっちゃけニオイ玉のような人工的な甘みが強くて、甘いのが好きだという人にとっては、うっとりできるような香りではないかと思います。

 

ちなみに答えが気になる方は、花王のページをご覧ください。私も真っ先に見に行きましたが、「言われりゃそんな気もするけど…」以外の感想が見当たらなかったです。

私は普段から入浴剤の香りについて、自分なりに語彙力を総動員して「~のような香り」と表現していますが、それもパッケージありきなんだと思い知らされました。

この企画はメチャクチャ面白かったので、またやってほしいと思います。

 

最後に

「秘密の香りをみんなで考えてみてね」的な企画は、すごく面白かったと思います。

私も普段から色んな入浴剤に対して「柑橘系なのはわかっても、これが柚子かグレープフルーツかは分からない」とか言ってるので、当たらないだろうなぁとは思ってましたけど…。

 

できれば今後も、定期的にこのような面白企画を期待したいと思います。

香りを予想するのも面白いですし、ラインナップ自体も魅惑的な香りが集まっていて優秀な商品です。気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

 

バブ
スポンサーリンク
シェアする
入浴剤.com